【完全版】アユタヤ観光徹底解説【バンコクからのアクセス(行き方)・モデルプラン・おすすめツアー】



【完全版】アユタヤ観光徹底解説【バンコクからのアクセス(行き方)・モデルプラン・おすすめツアー】

 

☑️この記事がオススメな人
 ・アユタヤ観光初心者
 ・モデルプランやおすすめツアーを
  知りたい人

☑️この記事の信憑性
 ・バンコク在住のタイ駐在員に
  よる「アユタヤ」徹底解説

☑️この記事を読んだら分かること
 ・アユタヤへの行き方・アクセス方法
 ・アユタヤの見所
 ・自転車をレンタルできる場所
 ・おすすめツアー


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。

 

先日にこんなツイートをしました。




今回は、バンコク・プーケット・チェンマイに並んで観光名所として有名なタイのアユタヤについて、アクセス方法やモデル観光プラン、それぞれの寺院の参観時間・入場料金などを徹底解説していきます。


アユタヤ


アユタヤとは、バンコクから80km北上した場所にあるタイの有名観光スポットです。

チャオプラヤー川の中州に位置し、他2つの支流とも合流していたその立地の良さから、かつてはタイ内陸の交易の中心として栄えていました。

1350年から400年以上にかけては、インドシナ半島の中心として、そしてアユタヤ王朝の首都としても繁栄しました。

1991年にはその名残の仏教寺院や寺院跡がユネスコ世界文化遺産に登録されています。

山田長政がつくった日本人街は、社会科の授業で習ったという人もいるかもしれないね!




行き方(アクセス方法)


バンコクからアユタヤへの行き方(アクセス方法)は、①長距離バス(ロットゥー )②タイ国鉄 ③ツアーの3つです。

ここでは、個人での観光を予定している方に向けて、①長距離バス(ロットゥー )②タイ国鉄 での行き方(アクセス方法)を解説します。


※ツアーを検討している方には、③ツアーの利用方法を記事後半で解説しています。



①長距離バス(ロットゥー )

バンコク北バスターミナル(モーチット)

バンコクからアユタヤ行きの長距離バス・ロットゥー は、バンコク北バスターミナルから運行しています。

バンコク北バスターミナルへは、BTS「モーチット駅」下車後、タクシー(80THB程度)又はバイクタクシー(60THB程度)でアクセスしましょう。

[頻度]5:00-21:00(30~60分おき)
[料金]60-180THB ※クラスにより異なる
[所要時間]1時間30分-2時間程度


バンコク北バスターミナルに着いたら、プラットフォーム3へ向かおう!


【住所】Kamphaeng Phet 2 Rd, Chatuchak, Bangkok 10900
【電話番号】064-806-0265




戦勝記念塔ロータリー

バンコクからアユタヤ行きのロットゥー (ミニバス)は、バンコク市内の戦勝記念塔ロータリーからも運行しています。

BTS「ビクトリーモニュメント駅」の3・4番出口を出た後、スカイウォーク(歩道橋)を直進(右サイド・左サイドどちらでも可)して階段を降りるとチケット売り場があります。

右サイドに進むと、大型ファッションモールの左手奥の階段そばに60THBのチケット売り場が、左サイドに進むと階段を降りた先に80THBのチケット売り場が見つかります。

[頻度]満席になるたび(10−20分おき)
[料金]60-80THB
[所要時間]1時間30分-2時間程度


【住所】Thanon Phaya Thai, ラーチャテーウィー Bangkok 10400




②タイ国鉄


タイ国鉄「フアランポーン駅」からもアユタヤ行きの列車が出ています。

MRT「フアランポーン駅」3番出口のすぐ近くだからアクセスも便利だよ!


【住所】Rong Mueang Rd, Rong Muang, Pathum Wan District, Bangkok 10330


フアランポーン駅の様子
チケット売り場



●バンコク⇄アユタヤ間の路線は下記の4種類が運行しています。

(1)Special Express(特急)
  [料金]2等 315THB ※お弁当付き
  [所要時間]1時間30分程度


(2)Express(特急)
  [料金]2等 245THB
      3等 165THB
  [所要時間]1時間30分程度


(3)Rapid(快速)
  [料金]2等 65THB
      3等 45THB
  [所要時間]1時間40分-2時間程度


(4)Ordinary(普通)
  [料金]1等 66THB
      2等 35THB
      3等 15THB
  [所要時間]2時間-2時間30分程度



座席のクラスは
2等・・・エアコン付き指定席
3等・・・エアコンなし自由席 だよ〜!

3等の安さは魅力だけど、座れない場合も多いし、何よりめちゃくちゃ暑いのでできればやめたほうがいいです・・(経験談)


尚、タイ国鉄の遅延は日常茶飯事ですので、30分-1時間の遅延は覚悟しておきましょう。


おすすめモデルプラン

①-⑥の順に観光しよう


アユタヤのおすすめ観光スポットは、四方を川に囲まれた、アユタヤ歴史公園の周辺に集結しています。

東西約7km、南西約4kmの小さな島ですので、半日もあれば十分に回りきることができるでしょう。


ここでは、有名寺院のおすすめ観光スポットを、おすすめの観光ルート順にご紹介していきます。

下に有名な6つの寺院を紹介するよ〜。紹介している①~⑥の順に回ると効率よく回ることができるよ!



①ワット・プラ・マハタート(Wat Phra Mahathat)


1374年に建立されましたが、ビルマ軍の侵攻により大部分が破壊されてしまった寺院です。

現在はアユタヤ歴史公園内にあり、多少の補強修理はされたものの、大部分はそのままの状態で残されています。

「アユタヤ」と聞いたら、この菩提樹の根に覆われた仏頭をイメージする人も多いのではないでしょうか。


この仏頭は、ビルマ軍信仰の際に、近くの仏像から切り落とされたもののようです。

時が経つにつれ、いつの間にか菩提樹に覆われていた偶然の賜物により現在の状態となっています。

写真撮影をする際には、自分の頭が仏頭を見下すことのないよう、必ず跪いて撮影するのがマナーとなっています。

【住所】Naresuan Rd, Tha Wasukri, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
【電話番号】035-322-685
【開場時間】8:00-18:00
【入場料】50THB(外国人料金)




②ワット・ラーチャブラナ(Wat Ratchaburana)


1424年に王位継承を巡って殺しあった2人の兄の遺骨を収める為に、弟(8代目王)が建てた寺院と言われています。

「ここを訪れた国王は死ぬ」という伝説があったとされる場所で、タイ最古の壁画や巨大な仏塔を見ることができます。

ワット・プラ・マハタートと道を挟んで真向かいにあるよ!


【住所】ถนน ชีกุน ตำบล ท่าวาสุกรี Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
【開場時間】8:00-18:00
【入場料】50THB




③ワット・プララム(Wat Phra Ram)


アユタヤ歴史公園内にあるクメール様式の塔とそれを囲む仏塔が有名です。

アユタヤ朝2代目の王が、初代ウートーン王を祀るために1369年に建立された寺院です。

ビルマ軍の侵攻により大部分が破壊されています。

【住所】Pratu Chai Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
【開場時間】8:30-18:00
【入場料】50THB




④ワット・プラシー・サンペット(Wat Phra Si Sanphet)


ワット・プラシー・サンペットは、アユタヤ王朝3代目の王様(トライローカナート王 [1448-1488年])を祀った廟で有名です。

他の寺院とは違い、仏像は祀られていません。

当時は王宮が隣接されていましたが、ビルマ軍の侵攻によって大部分が破壊されてしまいました。

【住所】Pratu Chai Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
【開場時間】7:00-18:00
【入場料】50THB




⑤ウィハーン・プラモンコンボーピット(Wihan Phra Mongkhon Bophit)


1603年にラーマティボディ2世によって建設されたアユタヤ中心地で最も参観者が多い寺院です。

高さ17mを誇る黄金のブロンズ製大仏像はタイ最大とされ、1951年に仏像の修理をした際には、体内から何百体もの小さな仏像が発見されています。

【住所】นเรศวร ประตูชัย Naresuan Rd, Pratu Chai Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
【参観時間】8:30-16:30(土日は17:00まで)
【入場料】無料




⑥ワット・ローカヤースター(Wat Lokayasutharam)


ワット・ローカヤースターは、高さ5メートル、全長28メートルの巨大寝釈迦仏で有名です。

他の寺院と同様、ビルマ軍の侵攻により、現在はこの寝釈迦仏のみが残っています。

80歳で入滅した仏陀を表しているんだって!


 

【住所】Uthong Rd, Tambon Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
【電話番号】035-246-076
【営業時間】8:00-16:30
【入場料】無料




★観光の前に・・自転車をレンタルしよう


アユタヤ歴史公園は全長7kmに及ぶ為、猛暑の中で周辺の寺院群を巡ろうと思うと、徒歩には限界があります。

寺院群の周囲には、自転車やバイクをレンタルしてくれる店やホテルが多くありますので、レンタルして行くのをおすすめします。

僕は国鉄アユタヤ駅の目の前にあるレンタル店で自転車をレンタルしたよ!


ここではアユタヤの地図を無料で提供してもらえますので、効率の良い観光ルートを確認することができます。


価格相場はどこも自転車50THB/日、バイク200THB/日 程度だよ〜

デポジットでIDカード(パスポートなど)を預ける必要があるから準備しておいてね!



アユタヤ歴史公園周辺には自転車専用の道も整備されています。




エレファントキャンプで象乗り体験


アユタヤ市内では、ワット・プラシー・サンペットの近くにあるエレファントキャンプで、象乗り体験も可能です。

400THB程度で体験できますので、思い出作りに乗ってみてはいかがしょうか。

【住所】Pa Thon Rd, Pratu Chai Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
【電話番号】065-009-9361
【営業時間】9:00-17:00
【料金】20分…400THB
    30分…500THB
    餌やり…50THB


日本の旅行会社のツアーに含まれているものもありますので、現地で申し込みできるか不安な方は、ツアーの利用をおすすめします。


👉象乗り体験ツアーはこちら



▶︎ちなみに、お隣の国ラオスでは、象使いの資格を取得できます。



おすすめツアー


ここでは、2日前まで全額返金可能な、予定変更の可能性がある人にも安心のアユタヤ観光ツアーを紹介していきます。


①アユタヤ&チャオプラヤー川クルージング

世界遺産のアユタヤ観光に合わせて、チャオプラヤー川のリバークルーズもセットで体験できるお得なツアーです。英語ガイド付き。

バンコク中心部のホテルであれば送迎もしてもらえるよ!


👉5,500円でリバークルーズとアユタヤを観光する


②アユタヤ5遺跡満喫ツアー

アユタヤ観光の超王道ツアーです。

アユタヤで最も有名な5遺跡を、日本語ガイドと一緒に回ることができます。

各遺跡の入場料込み込みツアーです。

👉日本語ガイドと共に世界遺産アユタヤを半日で満喫する


③アユタヤ&水上マーケット観光ツアー

昼食・夕食・バンコクからの送迎付きで、タイの水上マーケットとアユタヤをセットで観光できるツアーです。

タイの水上マーケットはどれもアクセスが不便な場所にありますが、ツアーを使うことでDoor to Doorでの移動が可能になります。

👉ツアー詳細はこちら。「アユタヤと水上マーケットに行かなきゃタイに行った意味無いじゃん」


▶︎タイ3大水上マーケットの内で、最も有名な水上マーケットとは・・?




④アユタヤで象乗り体験

バンコク市内からの送迎付きでアユタヤ市内を観光できます。

このツアーの魅力は何と言っても象乗り体験ができること。

現地での申し込みに不安がある方は、こういったツアーの利用がおすすめです


ぜひ日本ではできない経験をタイで。

👉象乗り体験を帰国後の土産話のネタにしたいあなたにおすすめ



参考

タイのホテル・航空券はお得にGET

下にタイを観光する際に便利な航空券比較サイトとホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しておきます。

数ある航空会社、ホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方はぜひ。

▶︎航空券比較サイト→SkyScanner
▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined




バンコクの空港からは空港送迎サービスの事前予約が可能です。空港から市内までは30〜40km近くありますので、不安な方は事前の手配をおすすめします。

下記では24時間日本語対応で送迎してくれるサービスを紹介します。

👉👉スワンナプーム空港からの送迎サービスの予約はこちら

👉👉ドンムアン空港からの送迎サービスの予約はこちら


タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。



タイバーツの両替

タイバーツの両替はスーパーリッチが高レートでおすすめです。バンコク市内に数多くの支店を持ち、スワンナプーム空港にもあります。



SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。



👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)



旅の思い出を残すならGoproがオススメ


旅行先での思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、しかも小型で広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。

スマホでは絶対に撮影できないような画角での写真撮影も可能です。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのも嬉しいですよね。





まとめ

☑️アユタヤはタイの世界文化遺産。
☑️自転車をレンタルして寺院を巡ろう。
☑️バンコクから片道2時間程度でアクセス可能。
  半日もあれば十分に観光できます。
 



▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方は是非覗いて行ってみて下さい〜。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020


るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-