「チャールムラー公園」【フォトジェニックの聖地-穴場編-】【バンコクおすすめ観光地(14)】



【バンコクおすすめ観光地(14)】「チャールムラー公園」【フォトジェニックの聖地-穴場編-】

 

☑️この記事がオススメな人
 ・バンコクのおすすめ穴場観光地
  を知りたい人
 ・ストリートアートやウォールアート、
  フォトジェニックやインスタ映え
  が好きな人

☑️この記事の信憑性
 ・バンコク在住のタイ駐在員に
  よる「チャールムラー公園」解説

☑️この記事を読んだら分かること
 ・チャールムラー公園とは
 ・チャールムラー公園への行き方
  (アクセス方法) 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

■□バンコクおすすめ観光地(14)■□

 

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。


先日にこんなツイートをしました。




今回は知る人ぞ知るバンコクの穴場観光スポットをご紹介します。


チャールムラー公園(Chalerm La Park)


チャールムラー公園とは、タイの首都バンコクにある、ストリートアート・ウォールアートで有名な公園です。


日本ではあまり見られないストリートアートですが、海外では多く見られる機会があり、時にはキラリと光る才能に魅了されることがある、博物館や美術館とはまた一味違ったアートを体感できます。


チャールムラー公園は古びた廃墟に囲まれた小さな公園ですが、その敷地の壁には一面に数えられないほど多くのウォールアートがずらりと並びます。


ストリートアートは、そのどの瞬間や場所を切り取ってもアートを表現できる自由なキャンバスのよう。


壮大なグラフィティーアートの数々に、シャッターを切る手が止められません。


一月として同じウォールアートはなく、日々その上に新しい絵が上書きされていく、何度来ても観る人を飽きさせないスポットです。


今あるこのウォールアートは今この瞬間にしかない。

そんな儚さと美しさがストリートアートには存在しているのです。


ストリートアートの世界では、作品を上書きする場合はより上手い作品を描かなければいけないという暗黙のルールがあるんだって!



あまり有名な観光地ではないですが、その道のアーティストにとっては世界中にも有名な場所のようで、外国人の姿もちらほらと見かけます。


知る人ぞ知るバンコクのフォトジェニックスポットです。


2018年にはバンコク最大のグラフィティイベントが開催され、国内外のアーティストがここチャールムラー公園に集結しました。


壁をバックに写真を撮る人々や、公園内でセパタクロー(隊の国技の一つ:足を使うバレーボールのようなもの)で遊ぶ若者など、思い思いに自由な時間を過ごす人々の姿には、日々の喧騒とした毎日は無縁のように思えます。


行き方(アクセス)


チャールムラー公園は、BTS「ラーチャテーウィー駅」2番出口下車後、徒歩5分の距離にあります。

【住所】Thailand, Thanon Phetchaburi, Ratchathewi, Bangkok
【開園時間】24時間
【電話番号】084-522-4555



参考

タイのホテル・航空券はお得にGET

下にタイを観光する際に便利な航空券比較サイトとホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しておきます。

数ある航空会社、ホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方はぜひ。

▶︎航空券比較サイト→SkyScanner
▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined




バンコクの空港からは空港送迎サービスの事前予約が可能です。空港から市内までは30〜40km近くありますので、不安な方は事前の手配をおすすめします。

下記では24時間日本語対応で送迎してくれるサービスを紹介します。

👉👉スワンナプーム空港からの送迎サービスの予約はこちら

👉👉ドンムアン空港からの送迎サービスの予約はこちら


タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。


タイバーツの両替

タイバーツの両替はスーパーリッチが高レートでおすすめです。バンコク市内に数多くの支店を持ち、スワンナプーム空港にもあります。



SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。



👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)



旅の思い出を残すならGoproがオススメ


旅行先での思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、しかも小型で広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。

スマホでは絶対に撮影できないような画角での写真撮影も可能です。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのも嬉しいですよね。




まとめ

☑️チャールムラー公園は知る人ぞ知る
  バンコクのフォトジェニックの聖地。
☑️行き方(アクセス)はBTSで。
  最寄駅はラーチャテーウィー駅。
☑️インスタ映えなウォールアート
  は毎日のように更新され、何度でも
  生まれ変わる。



▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方は是非覗いて行ってみて下さい〜。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020


るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-