チャンタブリーのオススメ観光名所「驚きの絶叫水上アクティビティーとは!?」



チャンタブリーのオススメ観光名所「驚きの絶叫水上アクティビティーとは!?」

 

☑️この記事がオススメな人
 ・チャンタブリーを観光したい人
 ・絶叫水上アクティビティーが
  好きな人

☑️この記事の信憑性
 ・バンコク在住のタイ駐在員が
  実際に訪れたスポットを厳選紹介

☑️この記事を読んだら分かること
 ・チャンタブリーのオススメ観光スポット
 ・驚きの絶叫水上アクティビティーとは

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。

今回は知る人ぞ知るタイのチャンタブリー県の観光名所をご紹介します。

チャンタブリーというと、我々日本人にとってなかな馴染みの薄い地名ですが、絶叫水上アクティビティーで有名なスポットがあるのです。

今回は実際に訪れた内容とその感想を記載します。



チャンタブリー

チャンタブリーとはタイ東部に位置する県です。

バンコクから約280km離れており、カンボジアと国境を接しています。多くの森林や川・滝、そして海にも接する県で、自然豊かな都市として有名です。

フランスに統治されていた過去があり、街中にはフランスの名残を残したカトリック教会が多いのも特徴の一つ。また、ベトナムの移民を多く受け入れた歴史もあり、多文化を吸収しながら発展した県といえます。

宝石の産出地やトロピカル・フルーツの産地としても有名です。


オススメスポット

PAPLEARN HOMESTAY

Paplearn homestayとは、チャンタブリーにある水上アクティビティーを楽しめる宿泊施設です。

この施設はI Mui川と接しており、施設内にはカラオケの楽しめるレストラン、ヒーローの置物、ウォータースライダーがあります。

料金は1泊3食水上アクティビティー体験込みで1,500THB(≒5,250円)程度。(宿泊人数・時期等により料金変更あり)

レストランは池に接していおり、見晴らしが良いです。写真に見える紫やオレンジの建屋が宿泊用のコテージとなっています。


宿泊するコテージにはネットがあり、寝転んで日向ぼっこをすることもできます。快適です。




アクセス

Nong Chim, Laem Sing District, Chanthaburi 22130
【電話番号】092−845−8365


ポイント①「水上アクティビティー」

Paplearn homestayのオススメは何と言っても水上アクティビティーです。

施設内には2種類のウォータースライダーが用意されています。

直線のスライダーと婉曲を描いたスライダーの2種類があるよ!



そして1番のオススメはこれ!



基本的に飛ぶ係はスタッフさんが担当してくれます。

飛ばされる側はいつ飛ばされるのかの不安とどれだけ高く飛ばされるのかの恐怖でスリルが満点です。

絶叫が好きな人にはオススメです。


ポイント②「イカダボート巡り」

Paplearn homestayのすぐ横にはI Mui川が流れており、川をイカダボートで巡回することができます。

水面すれすれをボートが運行するので、手を伸ばせばすぐに水面に手が届きそうです。

音楽を流しながら大自然の中を巡回してくれるので気持ちいいですよ。鳥がたくさん飛んでいたのが印象的でした。


やがて大きな川に出ると、数分間の川へ飛び込む時間が設けられます。

川の水はとても冷たいですが、泳げない人もライフジャケットが貸与されるので是非飛び込んでみて下さい。楽しいですよ〜。




ポイント③「シーフードビュッフェ」

旅行の楽しみといったら食事も外せないですよね。

ここPaplearn homestayでは、朝昼晩3食ともビュッフェ形式となっています。

私が行った時は、朝はエビの入ったおかゆ、昼はプーパッポンカレーやソムタム(ソムタムは自分で作るセルフスタイル)、トムヤムクンなど、夜はカニやエビなどシーフードのビュッフェとなっていました。

この値段で食べ放題は大変お得だと思います。美味しかったです。


個人的に大好きなカオパット(タイのチャーハン)もあったので大満足。かにもエビも美味しかったよ〜。


ディナーはカラオケを楽しみながら食べることができます。

AKB48なんかを歌うとタイ人も知っている人が多いので盛り上がりますよ。

カラオケはYouTubeを繋いでいるので、YouTubeに上がっている曲であれば、基本的に歌うことができます。

スタッフの人に「ロンプレンダイマイ?(歌ってもいいですか?)」と声をかけてみましょう。


ポイント④「スタッフによる写真撮影」

宿泊期間中はスタッフが写真撮影をしてくれます。

水中アクティビティーで遊んでいる時、イカダボートツアーに参加している時など、各タイミングでカメラを向けられるので、満面の笑みで写真に写りましょう。



撮った写真は公式のFacebookホームページにUPされます。さらに1枚100THB(≒350円)で購入することも可能です。

思い出を写真として残せるのは嬉しいですよね。




ポイント⑤「近くに観光名所がある」

Phlio Waterfall(プリオの滝)

Paplearn homestayから23kmほどの場所に、滝壺の魚で有名な「Phlio Waterfall(プリオの滝)」があります。

【住所】Tambon Khom Bang, Amphoe Mueang Chanthaburi Chang Wat Chanthaburi 22000


タイ人は40THB、外国人は200THBです。
(大人料金)


滝壺に魚が大量にいるよ!人間が近寄っても全く離れて行かず、危うく踏みそうになるくらい・・・


Goproで撮った水中写真

滝の周りは国立公園となっており、山の中をハイキングするコースがあります。(正式名称:ナムトック・プリオ国立公園)


途中から水以外の飲み物の持ち込みは禁止となっています。




Phlioplern

チャンタブリーのおしゃれなカフェ。
プリオの滝から10kmほど離れた場所にあります。
滝遊びに疲れたら休憩場所としてもいいかもしれませんね。

【住所】Phliu, Laem Sing District, Chanthaburi 22190
【営業時間】7:00-19:00【電話】099−282−6354





参考

タイのホテル・航空券はお得にGET

下にタイ・チャンタブリーを観光する際に便利な航空券比較サイトとホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しておきます。数ある航空会社、ホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方はぜひ。

▶︎航空券比較サイト→SkyScanner
▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined




バンコクの空港からは空港送迎サービスの事前予約が可能です。空港から市内までは30〜40km近くありますので、不安な方は事前の手配をおすすめします。

下記では24時間日本語対応で送迎してくれるサービスを紹介します。

👉👉スワンナプーム空港からの送迎サービスの予約はこちら

👉👉ドンムアン空港からの送迎サービスの予約はこちら


タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。






SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。

👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)


水中で写真を撮るならGoproがオススメ

水中アクティビティーでの思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、しかも小型で広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのは嬉しいですよね。


 

まとめ

Paplearn homestayの夜景


いかがだったでしょうか。


チャンタブリーはバンコクから結構距離がありますが、時間をかけて行ってみる価値はあるのではないでしょうか。



日頃の喧騒を離れ、タイの大自然豊かなチャンタブリーでゆったりとした時間を過ごすことができます。 タイに訪れた際は是非、観光の1スポットに訪れてみてはいかがしょうか。


▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方に是非お役に立てれば幸いです。

☑️チャンタブリーを観光するなら
  PHUPA RESORTがオススメ。
☑️驚きの絶叫水上アクティビティーがある。
☑️プリオの滝もオススメ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-