オーストラリアの森林火災【ヌードで募金を呼びかけたケイレンから学ぶ3つのこと】



オーストラリアの森林火災【ヌードで募金を呼びかけたケイレンから学ぶ3つのこと】

 

■□『コラム第9回目』■□

▶︎この記事の執筆者:たくぼく(@takuboku1018

 

先日にこんなツイートをしました。

 

今、オーストラリア全土で歴史的な森林火災が起きています。

今回は、その現状の共有と、1人のヌードモデルの寄付の呼びかけから学ぶべきことについてまとめました。

 

オーストラリアの森林火災の被害の現状



2020年1月9日現在までで分かっているオーストラリアの森林火災の被害状況は、下の通り。

✅2019年9月から2020年1月現在にかけて発生
✅約500万メートルの山火事
✅1,400以上の家屋が破壊
✅24人が死亡
✅約10億匹以上のコアラやカンガルーが死亡



日本のメディアではあまり報道されていないが、ネット上では多くの団体や著名人が被害の壮絶さを訴え、募金・寄付を呼びかけています。


SNSで拡散されるオーストラリアの被害


オーストラリアの世界自然保護基金(WWF)のCWOであるダーモット・オゴーマン氏は、今回の火事は頻繁に起こる山火事のそれではなく、異常事態だ。多くの動物の命を失っている。」 と声明を出している。

Twitterでは様々なメディア・団体が現在の状況を世界中に発信し、助けを求めている。


▶︎イギリスの国際ニュース通信社「ロイター」


▶︎サイエンス情報発信サイト「VAIENCE」


▶︎アメリカのベラル系オンラインメディア「ハフポスト日本版」


▶︎NHKの国際ニュースサイト「NHK国際部」




現在の救援活動


この歴史的なオーストラリアの大火災の為に、日本に住む私たちが今できる最も簡単で力になれる方法は、募金や寄付のサポート、またそれを呼びかけることだ。

SNS上では、多くの団体や著名人が救援を呼びかけている。

▶︎レオナルド・ディカプリオ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#Regram #RG @gretathunberg: Australia is on fire. And the summer there has only just begun. 2019 was a year of record heat and record drought. Today the temperature outside Sydney was 48,9°C. 500 million (!!) animals are estimated dead because of the bushfires. Over 20 people have died and thousands of homes have burned to ground. The fires have spewed 2/3 of the nations national annual CO2 emissions, according to the Sydney Morning Herald. The smoke has covered glaciers in distant New Zealand (!) making them warm and melt faster because of the albedo effect. And yet. All of this still has not resulted in any political action. Because we still fail to make the connection between the climate crisis and increased extreme weather events and nature disasters like the #AustraliaFires That has to change. And it has to change now. My thoughts are with the people of Australia and those affected by these devastating fires. (Photo: Matthew Abbott for The New York Times)

Leonardo DiCaprio(@leonardodicaprio)がシェアした投稿 –


▶︎前澤友作


▶︎柴咲コウ




ヌードで寄付を呼びかけたKaylen Ward(ケイレン・ワード)


そんな中、同じように寄付を呼びかけた著名人がいた。

オーストラリア森林火災の為に最低10ドルを寄付した人にヌード写真を送ります。

@lilearthangelk より引用(一部抜粋和訳)


SNSでこんな内容の呼びかけをしたのは、アメリカ在住のヌードモデルのKaylen Ward(ケイレン・ワード)さん。

▶︎原文(実際のツイート)はこちら


彼女は自身のヌード写真を提供することで、わずか3日間足らずの間に100万ドル(≒1億円)以上の支援金を集めることに成功 した。

この活動は、SNS上で急速に拡散され、様々な賛否両論を呼んだ。

彼女の呼びかけを賞賛する声がある一方で、「有名になりたいだけ」「詐欺だ」などといった誹謗中傷が毎日のように届いたという。

さらに彼女自身のInstagramのアカウントは「性的に含みのあるコンテンツ」として凍結され、彼女自身は親から勘当され、好意を抱いていた男性からは口をきいてもらえなくなった。



しかし、彼女の行動の善し悪しは別にして、我々は彼女の行動とそれによる結果から多くのことを学ぶことができる。



ケイレン・ワードに学ぶ3つのこと

① 拡大するSNSの影響力


今回のケイレン・ワードの寄付の呼びかけは、Twitterを通じて発信された。

彼女のフォロワーは1月9日現在で40万人弱おり、またこの呼びかけのツイートは現在までに約23万回リツイート(拡散)されている。

渋谷のスクランブル交差点を通行する人数は多い時で最大1日50万人が通行すると言われているから、彼女のたった1回のツイートは渋谷のスクランブル交差点で24時間中寄付を呼びかけることと同じ程度の影響力を持つ。


そしてそれは渋谷のスクランブル交差点で叫び続けることより、以下の2つの理由において、はるかに現実的で、はるかに寄付を募りやすい。


(1) 情報が確実に行き届く可能性が高い


オフラインではどれだけ声をあげても聞こえない人がいる一方で(いくら渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で叫んでも端にいる人に声は届かない)、(オンライン(インターネット上)では確実に全ての視聴者に情報が行き届く可能性を持つ。

もちろん情報の享受は最終的には享受者の判断に委ねられる訳であるが、インターネット上では、声の届かない、つまり情報の発信者の不手際により、情報が不届きになる可能性がない(または、極めて少ない)。


(2) 情報の享受のタイミングを操作できる


オフラインでは、情報を享受できる時間があるいっ時の時点に限定される一方で、オンラインでは情報の享受者が情報の享受するタイミングを選択することができる。

例えば、Twitterでは、今は忙しくて読めないが、後でゆっくり読みたいツイートがあれば「いいね」しておいて、後からゆっくり読んだりすることが可能だ。


インターネット上では、情報の享受者が、そのタイミングを操作できる為、時間のあるときにツイートを読んだ人々が時間のあるタイミングで寄付を実施したと考えられる。



以上のインターネットが持つ2つの利点のおかげで、結果的に彼女はわずか3日間で1億円以上の寄付を集めた。

たった1回の投稿でこれだけの人に情報がシェアされることが、どれだけ大きな影響力を持つのか、彼女のツイートの結果から我々は学ばされる。



2020年、SNS人口が右肩上がりで上昇している現在の状況を鑑みれば、インターネット(SNS含む)が持つ情報の影響力はこれからますます拡大していくだろう。



② 得意な戦場で戦うべきこと(適切な強みの理解)


今回、ケイレン・ワードがオーストラリアの森林火災の寄付の為に働きかけたことは「ヌードの写真を送る」ということだ。

目的の達成を「多額の寄付をすること」にあるとすれば、「ヌードの写真を送る」という選択は、彼女自身が寄付をすることより、はるかに合理的で現実味がある。

3日間で1億円を集めることができたその勝因は、彼女が「ヌードの写真」で勝負を仕掛けたことにある。

例えば、ここで彼女が「寄付をした人に歌を歌います」と寄付を呼びかけていたとすれば、3日間で1億円は集まらなかっただろう。

それは、彼女が、「ヌードモデルとしてのケイレン・ワード」に価値を感じる人が多いことを彼女自身が知っていたからだ。

そして、「歌を歌うケイレン・ワード」に価値を感じる人が少ないことを彼女自身が知っていたからだ。

ここから、我々は、自分自身の目的を達成したい時に、市場の選定を正しくすることの大切さ・その重要性を学ぶことができる。




ところで、ケイレン・ワードではないが、このWEBサイト「BOKU NO TAKUBOKU BLOG」の執筆者であるたくぼく(@takuboku1018)は、TOEIC900点を取得した経験をもとに、英語の勉強法を発信している。

それは、「TOEIC900点取得者」に価値を感じる人が多いということを、そう、想定しているからだ。

TOEIC900点取得者がスペイン語の勉強法を発信したところで、それは市場選定のミスマッチである可能性が高い。


目標を達成する為に大切なことは、正しい分野で適切な努力をすることだ。

その為に自分の強みは常に把握しておきたいものである。

▶︎英語の勉強法の記事はこちら

BOKU NO TAKUBOKU BLOG.
1970.01.01
BOKU NO TAKUBOKU BLOG.
https://takuboku.work/english-grammar-sentence/
英語学んで海外行こうよ




③ 強い自分の信念



ケイレン・ワードが1億円を集金できた最後の一つの理由は、彼女自身がツイートを消さず、最後までヌード写真を送り続けたことだ。

SNSが凍結したり親に勘当されたりした中でも、彼女は彼女自身の意思決定を最後まで貫き通した。


彼女には、投げ出さない勇気があった。

この彼女の信念無くして1億円は達成できなかっただろう。

どんなに優秀な人がどれだけ最適な目標達成プランを描いたところで、最後まで継続しなければ目標は達成できない。

強い信念と継続力は、彼女の行動から学ぶ目標達成における3つ目の大切な要素である。



最後に


今回のオーストラリアの森林火災における寄付を呼びかけた一連の活動の中で、様々な誹謗中傷を呼んだケイレン・ワードであったが、彼女はそれらの声に対して、こうツイートしている。

クソくらえだわ。(私は)コアラを救うもの。

@lilearthangelk より引用(一部抜粋和訳)


私一個人の意見としては、彼女の行動は賞賛に値するものであったと思う。

言葉を選ばずに言えば、本当にかっこいいと思った。

いくつものコアラの命を救う彼女の行動に、最大限の敬意を示して本記事の締めとしたい。



オーストラリアの森林火災が一刻も早く沈静化しますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-