【完全版】フルムーンパーティ徹底解説【世界一パリピな島はタイのパンガン島だった】



【完全版】フルムーンパーティ徹底解説【世界一パリピな島はタイのパンガン島だった】

 

☑️この記事がオススメな人
 ・フルムーンパーティに行く人
 ・世界三大レイブ祭への
  参加を検討している人

☑️この記事の信憑性
 ・バンコク在住のタイ駐在員に
  よる「フルムーンパーティ」徹底解説

☑️この記事を読んだら分かること
 ・パンガン島への行き方・アクセス方法
 ・フルムーンパーティーの開催日
 ・ハードリンビーチの場所と行き方


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。

 

先日にこんなツイートをしました。





今回は、世界三大レイブの一つ「フルムーンパーティ」について、開催日程や行き方・場所など、初めて行く人に役立つ基本情報を徹底解説していきます。




フルムーンパーティーとは


フルムーンパーティーとは、月に一度、満月の夜にタイ南部にある離島「パンガン島」で実施される、世界三大レイブ祭の1つを指します。

世界三大レイブ祭とは、世界で開催される野外音楽パーティーのことをいい、他に、スペインのイビサ島で開催される泡パーティーやインドのゴアバーティーがあります。


その中でも、世界一のレイブ島として知られるのが、ここ「パンガン島」なんです。

フルムーンパーティーには、世界中から毎月2-4万人のパーティー好き(大半は西洋人)が集まり、夜通しで大音量の音楽を流しながら、ビーチ沿いでお酒を飲んで踊り狂う、そんな世界一のパリピパーティーです。


EDMやHIP HOP、レゲエ、ハウスミュージックなど、様々なジャンルの音楽が夜通し流され、パーティーは翌日の朝方や昼頃まで続きます。




フルムーンパーティーの4つの魅力


フルムーンパーティーは飲んで騒いで、とにかく何も考えずにただただ踊り狂うイベントです。

地元の人も観光客も、性別も国籍も年齢も関係なく、音楽に体を委ねて日頃の鬱憤を晴らしましょう。

ここでは、そんなフルムーンパーティーの魅力を紹介していきます。




魅力①体全体で遊べ!フェイスペイント


フェイスペイントとは、顔や身体中に蛍光色の発行塗料でペイントをするもので、フルムーンパーティーの名物でもあります。

ペイントは水溶性の塗料なので、シャワーを浴びれば簡単に落とせます。

フルムーンパーティーではどれだけ目立つかが勝負ですから、身体中にペイントをして、楽しみましょう。


プロに丁寧なデザインを描いてもらうのも良いですし、近くの仲間と適当に描きあうのも楽しいですよ〜。

【料金】プロに頼む場合・・・200-300THB
     個人で描く場合・・・40THB


この投稿をInstagramで見る

☞行ってみたかったタイ🇹🇭 パンガン島🌺フルムーンパーティ🌕 カラフル♡♡♡ たまたま2ヶ月ほど前の東南アジア バックパッカーで泊まった カオサン近くの日本人宿 【ロングラック ゲストハウス】 でみんな出逢って仲良くなった💕 そんなメンバーとのパーティ✨ . 途中迷子なったり大変やったけど ほんまこのメンバーでいけて めっちゃよかったなあ💕 . ほんまに最高でした✨ . #旅#バックパッカー#旅行#海外旅行#国内旅行#女子旅#ひとり旅#東南アジア#旅行好きな人と繋がりたい #カメラ#かめら女子#タビジョ#ハレコレ#晴れgirl#retrip_global_パンガン島#funtotrip#パンガン島#フルムーンパーティー

yuco🌱🌏(@yuco.traveler)がシェアした投稿 –




魅力②飲み尽くせ!バケツカクテル


フルムーンパーティーでは、お酒がバケツの状態で売られています。

375mLのウィスキーに、缶ジュースやレッドブルを混ぜたバケツカクテルに、ストローを何本も指して近くの仲間と飲みあいましょう。


良い感じに酔いが回ってきてテンションが上がること間違いなしです。

他に食べ物も色々と用意されています。




魅力③恐怖すら愛せ!ファイヤーショー


フルムーンパーティーでは、様々なファイヤーアトラクションが催されます。

鍛錬を積んだ男たちによるファイヤーダンスや、参加者巻き込み型の炎の縄跳び、炎のリンボーダンス、炎の輪潜りなどもあるので、積極的に参加しましょう。


挑戦すれば一躍人気者になれます。

ただし、くれぐれも怪我だけはしないように気をつけてくださいね。




魅力④水着で踊り尽くせ!記念Tシャツ


フルムーンパーティーはビーチ沿いで開催されるイベントですので、男女ともに水着の方が多いです。

水着でバカ騒ぎをするという非日常感が、気分を高揚させてくれます。


会場内には、蛍光色の記念Tシャツやグッズが売られており、250THB前後で購入することができます。




フルムーンパーティーの開催日時


フルムーンパーティーは満月の日に開催されるので、毎月開催日が異なります。

公式HPより事前に開催日を確認しておきましょう。

👉公式HPで開催日を調べる


フルムーンパーティーは、だいたい夕方頃から始まります。

最も盛り上がる時間は22:00-3:00頃です。




フルムーンパーティーの開催場所


フルムーンパーティーは、パンガン島のハードリン・ビーチで開催されます。、

ハードリンビーチは通称「フルムーン・ビーチ」とも呼ばれています。


【住所】Ban Tai, パンガン島 スラータニー


ハードリン・ビーチへの行き方は、以下の2つの方法があります。

①レンタルバイクを借りて自力で行く
②ソンテウ(乗合バス)で行く


順に解説します。



①レンタルバイクを借りて自力で行く


タイのパンガン島では、島中の至る所で、レンタルバイクの貸し出しをしています。

「道を歩けばレンタルバイク屋に当たる」と言っても大袈裟ではないほど。。

多くの場合、1日150〜200THBでレンタルできますので、パンガン島内の観光にも使用でき、ハードリンビーチへも個人でアクセスできるので、お酒を飲まない人にはおすすめです。

国際運転免許証の提示は求められないけど、パスポートが必要なので忘れないように!!




②ソンテウ(乗合バス)で行く


お酒を飲む人には、ソンテウの利用がおすすめです。

ソンテウとは、荷台付きの小型トラックのようなもので、乗客はこの荷台に乗ります。

フルムーンパーティーの当日の夜になると、島中をこのソンテウが駆け抜けていますので、手を挙げて乗車しましょう。

1人あたり150THBで、フルムーンパーティーの会場であるハードリンビーチへたどり着くことができます。




フルムーンパーティーの入場料金


フルムーンパーティーの入場料金は100THBです。

100THBを支払うと、リストバンドを貰えるので腕に装着して無くさないようにしましょう。




タイのパンガン島への行き方・アクセス方法


タイのパンガン島へのアクセス方法は、大きく以下の3つがあります。

①電車+フェリー
②バス+フェリー
③飛行機+フェリー


順に解説します。



①電車+フェリー

✅所要時間:約15時間
✅料金:1,000-2,000THB


(1)バンコクの国鉄フアランポーン駅からスラータニー鉄道駅へ移動する。国鉄フアランポーン駅へはMRT「フアランポーン駅」下車後、徒歩5分程度で辿り着けます。

(2)スラータニー鉄道駅からバス&フェリーに乗ってパンガン島へ。




②バス+フェリー

✅所要時間:約10時間
✅料金:約1,300THB(当日は1,500THB)


(1)カオサンロードにある「Lomprayah Bangkok」という旅行代理店で、バス+フェリーのジョイントチケットを申し込む。あるいは、公式HPから事前申し込みをする。

【住所】154 ถนน รามบุตรี Talat Yot, Phra Nakhon, Bangkok 10200
【営業時間】5:30-22:00
【電話番号】02-629-2569


(2)係の指示に従ってパンガン島へ。




③飛行機+フェリー


■3時間で行く方法

✅所要時間:3時間
✅料金:3,000-5,000THB


(1)世界中の航空券を一括検索できるスカイスキャナーでサムイ島行きの航空券を購入。[3,000-5,000THB]👉スカイスキャナーの使い方はこちら

(2)バンコク都内の空港からサムイ島へ行く。

(3)サムイ島のビッグブッダピア港からフェリーでパンガン島へ。シートラン・ディスカバリー社(Seatran Discovery)やロンプラヤー社(Lomprayah)で申し込みが可能。[300THB]


■5時間で行く方法

✅所要時間:5時間
✅料金:1,000-2,000THB


(1)世界中の航空券を一括検索できるスカイスキャナーでスラータニー行きの航空券を購入。
👉スカイスキャナーの使い方はこちら

(2)スラータニー空港で、パンガン島行きのチケットを購入する。シートラン・ディスカバリー社(Seatran Discovery)やロンプラヤー社(Lomprayah)では850THB、パンティップ社(Phantip)では500THBで申し込みが可能。




参考



パンガン島のホテル・航空券はお得にGET

下にパンガン島を観光する際に便利な航空券比較サイトとホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しておきます。

数ある航空会社、ホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方におすすめです。

▶︎航空券比較サイト→SkyScanner
▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined





タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。



タイバーツの両替

タイバーツの両替はスーパーリッチが高レートでおすすめです。バンコク市内に数多くの支店を持ち、スワンナプーム空港にもあります。



SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。



👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)



旅の思い出を残すならGoproがオススメ


旅行先での思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、しかも小型で広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。

スマホでは絶対に撮影できないような画角での写真撮影も可能です。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのも嬉しいですよね。




まとめ


☑️フルムーンパーティーはタイの
  パンガン島で、満月の夜に開催される。
☑️開催場所はハードリンビーチ。
☑️開催時間は夕方〜翌日の昼頃。
 



▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方は是非覗いて行ってみて下さい〜。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020


るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-