【完全版】サムイ島への行き方とおすすめ観光スポット



【完全版】サムイ島への行き方とおすすめ観光スポット

 

☑️この記事がオススメな人
 ・タイの離島に行きたい人
 ・サムイ島のおすすめ
  観光スポットを知りたい人

☑️この記事の信憑性
 ・バンコク在住のタイ駐在員に
  よる「サムイ島」徹底解説

☑️この記事を読んだら分かること
 ・サムイ島への行き方・アクセス方法
 ・ファイヤーショーの場所と時間
 ・おすすめ観光スポット


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。

 

先日にこんなツイートをしました。




今回はタイの離島「サムイ島」への行き方・アクセス方法とおすすめ観光スポットを紹介して行きます。




サムイ島(Koh Samui)


サムイ島とは、タイで3番目に大きなリゾートアイランドです。

年間を通して高温多湿の気候であり、島全体がココナッツの木で覆われていることから、「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれています。

環境保全のための条例も定められていて、ココナッツの木より高い建物の建設が禁止されているんだって!


また、サムイ島には西洋人の観光客やバックパッカーが多く、アジア人を見かけることはほとんどありません。

西洋人にとってサムイ島は、「この世の楽園」と呼ばれるほど、有名な観光地だそうだよ!


サムイ島の観光のベストシーズンは、タイの乾季である2月〜6月とされています。

海の透明度が高く、波も穏やかで雨も降らないので、春休みやGWなどに訪れるのがおすすめです。




おすすめ観光スポット


ここでは、サムイ島のおすすめ観光スポットを紹介していきます。




①チャウエン・ビーチ


チャウエンビーチとは、7kmにわたって綺麗な海と砂浜が続く、サムイ島で最も有名なビーチです。

近隣の島々へのアイランドホッピングや、マリンスポーツなども盛んで、抜群のロケーションでのんびりと優雅な時間を過ごすことができます。

まさにリゾートと呼ぶにふさわしく、「The リゾート感」を求めている人におすすめです。


【住所】Bo Put, Ko Samui District, Surat Thani



チャウエンビーチ全体は、夜になると「オンザビーチレストラン」に早変わり。

ビーチ沿いにはおしゃれなバーやレストランが立ち並び、日中とは違った雰囲気を楽しむことができます。




「ARK Bar」ではファイヤーショーも!


チャウエンビーチのビーチ沿いにある「ARK Bar」付近のビーチでは、毎週水曜日と金曜日にファイヤーショーが実施されます。

迫力がすごいです。

【日程】毎週水曜日・金曜日
【時間】21:30頃〜(1〜2時間程度)
【場所】「ARK Bar」付近のビーチ


【住所】หมู่ที่ 2 159/89 Ko Samui District, Surat Thani 84320
【営業時間】バー自体は24時間営業
【電話番号】077-961-333




他にも色々なビーチが・・!


チャウエン・ビーチ以外にも、サムイ島には様々なビーチがありますので、時間に余裕があればぜひ訪れてみてくださいね!


▶︎ポーブット・ビーチ
 「フィッシャーマンズ・ビレッジ」と呼ばれている、海沿いに並ぶレストランやおしゃれなショップが人気です。

▶︎タリンガム・ビーチ
 サムイ島の南西部に位置するビーチで人も少なく、美しい夕日が観賞できます。

▶︎メナム・ビーチ
 圧巻のサンライズが観れると有名です。

▶︎クリスタル・ビーチ
 サムイ島で最も海の透明度が高いビーチです。正式名称は「トンタキアンビーチ」

▶︎トン・カートビーチ
 サムイ島の最南部に位置するビーチで、手付かずの自然が色濃く残っています。

▶︎チョンモン・ビーチ
 小さな入江が連続するプライベート感抜群のビーチです。




②ビッグブッダ


ビッグブッダはサムイ島のシンボル的存在として有名です。

ワット・プラヤイという寺院の中にあるビッグブッダは、全身が金色に輝いており、高さが12mと迫力があります。

また、階段を登った先に高台があり、晴れていると海を見渡すことができる為、絶景スポットとしても人気があります。

晴れている日にはパンガン島まで見渡すことができます。

入場料は無料だよ〜!


【住所】Bo Put, Ko Samui District, Surat Thani
【拝観時間】7:00-18:30




③ワット・プラーイ・レーム


サムイ島にあるワット・プラーイ・レームでは、大きな千手観音像で有名です。

場内には大きな池があり、他にも様々な像が観られます。


ビッグブッダ寺院とも距離が近いため、併せて観光するのがおすすめです。

ビッグブッダ寺院から徒歩10分の場所にあるよ〜!


【住所】Wat Plai Laem, Road 4171, Thailand




サムイ島内の交通手段


サムイ島はタイで3番目に大きな離島であり、観光をするとなると徒歩では限界があります。

基本的に島内の交通手段は、下のいずれかとなるでしょう。

①レンタルバイク
②ソンテウ
③タクシー


順に解説していきます。



①レンタルバイク


島中の至る所で、バイクの貸し出しをしています。

レンタル料金は、24時間200THB程度と安いです。

ガソリンも1瓶40THB程度と安く、バイクを運転できる人にはおすすめの交通手段です。

レンタルの際にはパスポートが必要だから忘れないでね!(国際運転免許証は求められない)




②ソンテウ


ソンテウとは、荷台付きの小型トラックのようなもので、乗客はこの荷台に乗ります。

運行ルートは下記の3ビーチ間で、このルート間であれば、乗り降りはどこでも可能です。

乗車したい時は、タクシー同様に手を挙げてソンテウを止め、降りたい時には車内天井にあるブザーを押せば降りることができます。(降車時に料金を支払います)


ソンテウは、昼間と夜間で料金が異なるので、注意してください。

【昼間(5:00–17:30頃)】
 □初乗り(近距離):20THB
 ●チャウエン−ラマイ:60THB
 ●チャウエン−ナトン:60THB
 ●ラマイ−ナトン:60THB

【夜間(昼間の時間外)】
 □初乗り(近距離):40THB
 ●チャウエン−ラマイ:120THB
 ●チャウエン−ナトン:120THB
 ●ラマイ−ナトン:120THB


上の料金はあくまで目安だよ!特に夜間の利用は、金額交渉が前提だから、記載の金額より高くなることが多い・・




③タクシー


サメット島内を走るタクシーは黄色と赤色の二色カラーです。

だいたい初乗り200THB程度で、40THB/km程度が目安です。(メーターは装備されていますが、料金は交渉制のことが多い)

夜間はさらに割増料金がかかります。

言語が不安な人は、料金交渉の必要がないGrabタクシーの利用が便利だよ!


また、サムイ島では、通常のタクシーの他にバイクタクシーも利用できます。

バイクタクシーの料金目安は、タクシーの半額程度。

ゼッケンを来ている人が、「Taxi?」とよく話しかけてくるので、それに乗っかればOKです。



サムイ島への行き方・アクセス方法


サムイ島は、タイの首都バンコクから約700km南下した場所にあります。

主なアクセス方法は、

①飛行機
②列車+フェリー
③バス+フェリー
  です。


順に解説します。




①【最速】飛行機


バンコクへは日本から約6時間、サムイ島へはそこからバンコクで乗り継いで、約1時間15分のフライトで到着できます。

バンコクから飛行機を利用してサムイ島を目指す行き方は、大きく2つあります。



■直行便を利用する行き方

バンコクからは、バンコク・エアウェイズにて、スワンナプーム国際空港からサムイ国際空港まで直行便が出ています。

毎日数本出ており、1時間15分程度で到着が可能です。

【住所】Bo Put, Ko Samui District, Surat Thani 84320


✅ルート

✈️「ドンムアン国際空港→サムイ国際空港」


✅所要時間と費用

【料金】4,000-6,000THB程度
【時間】1時間15分程度


✅チケットの買い方

🔘飛行機・・・スカイスキャナーで購入


💡豆知識💡
▶️航空券を購入する際に価格を重視したい方は、スカイスキャナーの利用がおすすめです。世界中の航空券予約サイトの航空券料金の中から、最安価格を探すことができます。



■バスやフェリーを利用して費用を抑える行き方(おすすめ!)

もう少し費用を抑えたい方には、スラータニー国際空港まで飛行機で行き、そこからバスとフェリーを利用してサムイ島まで行く方法がおすすめです。

直行便より時間はかかりますが、費用を半額以下に抑えることが可能です。

【住所】73 ท่าอากาศยานนานาชาติ Hua Toei, Phunphin District, Surat Thani 84130
【電話番号】077−351−277


✅ルート

✈️「ドンムアン国際空港→スラータニー国際空港」
→🚌「バスでスラータニーDonsak Pierへ」
→🚢「フェリーでサムイ島Natong Pierへ」


✅所要時間と費用

【料金】2,000-3,000THB程度
(飛行機1,000-2,000+バス/高速フェリー1,000)
【時間】4時間程度


✅チケットの買い方

🔘飛行機・・・スカイスキャナーで購入
🔘バス/フェリー・・スラータニー空港で購入

※スラータニー国際空港の到着ゲートを出たすぐ右手に、各ツアー会社のブースが並んでいるので、サムイ島行きの「バス+高速フェリー」のチケットをそこで購入しましょう。




②【格安】列車+フェリー


タイ国鉄でスラータニー駅まで行き、そこからバスとフェリーを利用してサムイ島まで行く方法です。


✅ルート

 🚞「国鉄フアランポーン駅→スラータニー鉄道駅」
 →🚌「バスでスラータニーDonsak Pierへ」
 →🚢「フェリーでサムイ島Natong Pierへ」


以下、STEPで解説します。

(1)MRTでバンコク都内の国鉄フアランポーン駅へ行く。

(2)スラータニー鉄道駅行きの切符を購入する。
 (金額は列車の「等級(2等エアコンあり/3等なし)」や「普通/寝台タイプ」により異なります)


時刻表は下の通りです。(公式HPより借用)


(3)スラータニー鉄道駅到着後、バスでDonsak Pierへ向かう

【料金】バス+フェリー 280THB
    (Pantip Travelで事前に購入可能)
【時間】1.5時間程度


(4)Donsak Pierからフェリーでサムイ島のNatong Pierに到着。

【時間】1時間30分程度


✅所要時間と費用

【料金】合計387-1,048THB程度
(路線や等級により異なる)
【時間】合計11.5-14.5時間程度


✅チケットの買い方

🔘列車・・・国鉄フアランポーン駅 または
       公式HPよりオンライン購入
(オンライン予約の際は、
 鉄道路線は「Southern」を選択
 目的地は「SURAT THANI」を選択)

🔘バス/フェリー・・・Pantip Travelよりオンライン購入




③【格安】バス+フェリー


バスとフェリーを利用して、サムイ島まで行く方法です。




■バンコク南バスターミナルから行く方法

バスはバンコク南バスターミナル(サーイタイマイ)から運行しています。

【住所】2/2, Borommaratchachonnani Rd, Chim Phli, Taling Chan, Bangkok 10170
【電話番号】02-894-6122


✅ルート

 🚞「バンコク南バスターミナル→サムイ島Natong Pier」
(バス自身がフェリーに乗る為、自分での乗換不要)


以下、STEPで解説していきます。

(1)タクシーか路線バス(507/511)でバンコク南バスターミナルへ向かう。(乗る方向さえ間違えなければ、どちらのバスも終点で到着する)


バンコクの路線バスの利用法は下の記事で解説してるよ!


(2)バスターミナル2階のチケットセンターでサムイ島の「Natong Pier」行きのチケットを購入する。

(3)バス自身がフェリーに乗り込む為、バスに乗れば自動的にサムイ島に到着。


✅所要時間と費用

【料金】600-1,000THB程度
【時間】17時間程度


✅チケットの買い方

🔘バス・・・バンコク南バスターミナルで購入




参考

サムイ島のホテルをお得に予約する方法

下にサムイ島を観光する際に便利なホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しています。

数あるホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方にぜひ。

▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined




タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。



タイバーツの両替

タイバーツの両替はスーパーリッチが高レートでおすすめです。バンコク市内に数多くの支店を持ち、スワンナプーム空港にもあります。



SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。



👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)



旅の思い出を残すならGoproがオススメ


旅行先での思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、しかも小型で広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。

スマホでは絶対に撮影できないような画角での写真撮影も可能です。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのも嬉しいですよね。




まとめ

☑️サムイ島はタイで3番目に大きな離島。
☑️チャウエンビーチではファイヤーショーも。
☑️飛行機・列車・バスでの行き方がある。
☑️島内の移動はソンテウかレンタルバイク。
 



▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方は是非覗いて行ってみて下さい〜。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020


るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-