独学で学ぶ英文法の無料解説ラボ【60.受動態・完了形の動名詞】



独学で学ぶ英文法の無料解説ラボ【60.受動態・完了形の動名詞】


にほんブログ村 英語ブログへ

 

英文法の無料解説ラボ第60弾


『受動態・完了形の動名詞』編です。



問題の解答は記事の最後で解説するよ!


今回は受動態の動名詞や完了形の動名詞について学習していきましょう。




受動態の動名詞:being+過去分詞

動名詞「〜すること」を受動態「〜されること」と表現する際は、《being+過去分詞》で表します。

  1. I went out of the room without being noticed.
    (私は気づかれることなく部屋を出た)
  2. I like being called Takuboku.
    (私はたくぼくと呼ばれることが好きだ)




完了形の動名詞:having+過去分詞

完了形の動名詞《having+過去分詞》は、文章の述語よりも過去のことを表す際に使用されます。

👉完了形ってなんだっけ?という人はこちら



  1. I’m ashamed of having said like that to him.
    (私は彼にそんなことを言ったことを恥ずかしく思う)
  2. I was ashamed of having said like that to him.
    (私は彼にそんなことを言ったことを恥ずかしく思った)


上の例文1では、「過去」のことを「現在」に恥じているのに対し、例文2では、「大過去(過去の過去)」のことを「過去」に恥じていたことを表しているね!




否定形:not having+過去分詞

完了形の動名詞の否定形は、《not having+過去分詞》という形で表します。

  1. I regret not having said goodbye to him.
    (私は彼にさよならを言わなかったことを悔やんでいる)
  2. He complained of not having had time to take a rest.
    (彼は休む時間がなかったと文句を言った)


ちなみに、regret(後悔する)、remember(覚えている)、forget(忘れる)などの動詞は、たとえ過去のことであっても《having+過去分詞》とせず、普通に《ing形》のみで表すこともできます。


後悔したり覚えていたり忘れたりする内容は、当然過去のことを示すに決まっているからです。

  1. I regret not having said goodbye to him.
    = I regret not saying goodbye to him.
    (私は彼にさよならを言わなかったことを悔やんでいる)




注意すべきhaving been+過去分詞

《having been+過去分詞》は、受動態の完了形の動名詞を表す場合もあれば、現在完了(継続)を表す場合もあるので、注意が必要です。

  1. He denied having been given the present. 【受動態の完了形の動名詞】
    (彼はプレゼントをもらったことを否定した)
  2. He complains of having been busy since last month. 【現在完了(継続)】
    (彼は先月からずっと忙しいと文句を言っている)


例文2は、”since last month”とあるので、現在完了(継続)であることがわかるよ!


否定形は、《not [never] having been+過去分詞》となります。

  1. He insisted on not having been given the present.
    (彼はプレゼントをもらったことを否定した)




問題の解答

問題の解答です。

次の文の間違いは以下の通りです。


①I was proud of being an actor when young.
 👉I was proud of having been an actor when young.
 (私は若い頃俳優であったことを誇りに思っている)
 ▶️ 「〜であったこと/〜したこと」という完了形の動名詞は《having+過去分詞》で表します。過去のことなので、「having」が必要すよね。

②He complained of not having time to eat lunch.
 👉He complained of not having had time to eat lunch.
 (彼は昼食を食べる時間がなかったと文句を言った)
 ▶️ 完了形の動名詞は《not having+過去分詞》と表します。過去分詞が抜けていますね。





Tips for you

本ブログでは独学で英語を学ぶあなたを応援しています。下記に英語のお助け情報をまとめておりますので、合わせてご活用ください。

▶︎英会話を学習したい人はこちら
 ー独学で学ぶ英会話フレーズ集
▶︎英文法を学習したい人はこちら
 ー独学で学ぶ英文法の解説ラボ
▶︎英語の勉強法を知りたい人はこちら
 ーオススメの勉強法




にほんブログ村 英語ブログへ PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-