独学で学ぶ英文法の無料解説ラボ【20.現在形と過去形】



独学で学ぶ英文法の無料解説ラボ【20.現在形と過去形】

にほんブログ村 英語ブログへ

今回からは英文法の時制の学習をしていきます。

英語も日本語と同じで、過去の話をしているのか、現在の話をしているのか、未来の話をしているのかで、言い方が異なってきます。正しい英語を学んで、いつの話をしているのか正しく伝えられるようになれるといいですね。


というわけで今回は、英文法の無料解説ラボ第20弾「現在形と過去形」編です。

現在形

  1. How often do you go to Thailand?
    (どのくらいの頻度でタイに行くのですか?)
    ー I go twice a year.
     (1年に2回行きます)
  2. Where do you live?
    (どこに住んでいるのですか?)
    ー I live in Thong Lo.
      (私はトンローに住んでいます)
  3. This street leads to the station.
    (この通りを行けば駅に着きます)

現在の習慣的な行為や動作

習慣的に繰り返される行為や動作は現在形を用います。

上の例文でいうと、”I go twice a year.”がこれにあたりますね。

「頻度」を表す副詞と用いられることも多いため、一緒に抑えておきましょう。

頻度の高いものから順に紹介していくよ〜。

●いつも・・・always(100%の頻度)
●よく・・・・usually(80%程度の頻度)
●しばしば・・often(50%程度の頻度)
●時々・・・・sometimes(30%程度の頻度)
●〜毎に・・・every〜
●一度もない・never(0%の頻度)

現在の持続的な行為

「住んでいる」「勤めている」などのように、現在の持続的な状態を表す場合は現在形を用います。

上の例文では、”I live in Thong Lo.”がこれにあたります。

一般的な事実・普遍的真理

一般的に事実とされていること、学問的科学的に普遍(変わることのない真実とみなされているもの)、ことわざなども現在形を用います。

上の例文では、”This street leads to the station.”がこれにあたります。この道が駅まで繋がっているという事実は、そんなに簡単に変わらないですよね。

現在形を使用することわざには以下のようなものがあるぞ!

  1. Practice makes perfect.
    (習うより慣れろ)
  2. All is well that ends well.
    (終わり良ければすべて良し)
  3. Haste makes waste.
    (急いては事を仕損じる)
  4. Kill two birds with one stone.
    (一石二鳥)
  5. Seconds thoughts are best.
    (念には念を)
  6. What one likes, one will do well.
    (好きこそものの上手なれ)
  7. Failure teaches success.
    (失敗は成功のもと)
  8. History repeats itself.
    (歴史は繰り返す)

過去形

  1. We often went to Thailand.
    (私たちはよくタイに行っていました)
  2. Which company did you work?
    (どの会社で働いていたのですか?)
    ー I worked for Hitachi.
     (私は日立で働いていました)
  3. He was surprised to know the fact.
    (彼はその事実を知って驚いた)
  4. The Tokyo Olympic was held in 2020.
    (東京オリンピックが2020年に開催された)

過去の習慣的な行為・動作

過去に習慣的に繰り返されていた行為は過去形で表します。

上の例文では”We often went to Thailand.”がこれにあたります。

過去の持続的な状態

「住んでいた」「勤めていた」などのように、過去の持続的な状態を表す場合は現在形/span>を用います。

上の例文では、”I worked for Hitachi.”がこれにあたります。

過去の動作・状態

過去の動作・状態は過去形で表します。

上の例文では、”He was surprised to know the fact.”がこれにあたります。

過去の事実

過去の事実、歴史的な事実は常に過去形で表します。

上の例文では、”The Tokyo Olympic was held in 2020.”がこれにあたります。

Tips for you

本ブログでは独学で英語を学ぶあなたを応援しています。下記に英語のお助け情報をまとめておりますので、合わせてご活用ください。

▶︎英会話を学習したい人はこちら
 ー独学で学ぶ英会話フレーズ集
▶︎英文法を学習したい人はこちら
 ー独学で学ぶ英文法の解説ラボ
▶︎英語の勉強法を知りたい人はこちら
 ーオススメの勉強法

にほんブログ村 英語ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-