独学で学ぶ英文法の無料解説ラボ【28.現在完了形(3)】



独学で学ぶ英文法の無料解説ラボ【28.現在完了形(3)】

 

にほんブログ村 英語ブログへ

 

英文法の無料解説ラボ第28弾「現在完了形(3)」編です。

 

先日にこんなツイートをしました。




今回は、現在完了形の第3回「③継続」について学習しましょう。

▶︎第2回目の記事はこちら




継続

状態の継続

  1. She has been sick for the whole week.
    (彼女はこの1週間ずっと病気だ)
  2. I have known her since I was a child.
    (私は子供の頃から彼女と知り合いです)

現在完了では、上の例文のように、「過去から今までずっと〜している」といった、『状態の継続』を表すことがあります。

『状態の継続』を表す現在完了の文では、下の語句が使われることが多いです。

🔘for(〜の間)
🔘since(〜以来)
🔘How long…?(どれくらいの間)
🔘Since when…?(いつから)
🔘So far(今までのところ)




動作・活動の継続

  1. I have been writing articles for five years.
    (私は5ヶ月間記事を書いています)
  2. How long have you been reading this book?
    (あなたはこの本をどのくらいの間読んでいるのですか?)

「今までずっと〜し続けている」といった、『動作・活動の継続』を表す時は、現在完了進行形《have / has been + doing》で表します。

現在完了進行形とは、現在完了と進行形が結びついたものなのじゃ〜




《現在完了進行形》

☑️肯定文:have / has been + doing
☑️否定文:have / has not been + doing
☑️疑問文:Have / Has + 主語 + been + doing…?

現在完了進行形の使用における注意点を下で紹介するね!

▶️余韻がまだ残っている場合

動作が終了していても、その余韻が残っている場合は、現在完了進行形が使われます。

How long have you been waiting for me?
-I’ve been waiting for you for three hours.
(どれくらい待った?-3時間待ったよ)

 

 

この例文では、「3時間待ったよ」と、たった今終わった動作・活動のことを、現在完了進行形で表しているね!

 

 

▶️第4回に続く。




Tips for you

本ブログでは独学で英語を学ぶあなたを応援しています。下記に英語のお助け情報をまとめておりますので、合わせてご活用ください。

▶︎英会話を学習したい人はこちら
 ー独学で学ぶ英会話フレーズ集
▶︎英文法を学習したい人はこちら
 ー独学で学ぶ英文法の解説ラボ
▶︎英語の勉強法を知りたい人はこちら
 ーオススメの勉強法




にほんブログ村 英語ブログへ PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-