【バンコクに飽きたらラヨーンでしょ】オススメの観光スポットとビーチを紹介



【バンコクに飽きたらラヨーンでしょ】オススメの観光スポットとビーチを紹介

 

☑️この記事がオススメな人
 ・ラヨーンを観光したい人
 ・綺麗なビーチやアイランドホッピング
  を楽しみたい人

☑️この記事の信憑性
 ・バンコク在住のタイ駐在員が
  実際に訪れたスポットを厳選紹介

☑️この記事を読んだら分かること
 ・ラヨーンのオススメ観光スポット

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。

今回は、タイのオススメビーチとしてラヨーンをご紹介します。

バンコクの観光に飽きた方、「パタヤも行ったしな〜」そんな方にオススメです。



ラヨーン

ラヨーンの朝日

ラヨーンとはバンコクの南東約170kmに位置する県で、美しいビーチや様々な島があります。

様々なアイランドホッピングやシーアクティビティを楽しみたい方にオススメです。

また、魚介や果物が名物ですので、新鮮な南国フルーツや海鮮を食べたい方にもオススメです。




オススメツアー

PHUPA RESORT

タイ人ローカルに教えて貰ったのですが、PHUPA RESORTというツアー会社がオススメです。

アイランドホッピングを催行しています。
宿泊も可能です。


朝食はこんな感じです。

左のドーナツのような揚げ物と右のおかゆが美味しい。味が薄いのでお好みで胡椒で調整すると更にアロイ(美味しい)です。




アクセス

PHUPA BEACH RESORTはGoogleマップでもヒットします。

3145, Kram, Klaeng District, Rayong 21190
【電話番号】038 639 090


ツアー内容


全部タイ語ですがご参考まで。下で実際のツアー内容を写真と一緒にご紹介しますね。



こんなアクティビティーを楽しむことができるよ〜!



このツアーで訪れる島は3つだよ〜!





①Koh Man Nai(マンナイ島)

マンナイ島はウミガメ保証施設のある島です。

生まれて数日のウミガメから何十年と生きている大きなウミガメまで様々。
大きな水槽にたくさんのウミガメが保養されています。

砂浜も綺麗で大きなブランコもあったりと楽しいです。

写真は途中のシュノーケリング体験のもの。
魚がたくさん見られて楽しいですよ。





②Koh Man Klang(マンクラン島)


アイランドホッピングは下のような船で催行されています。

この日はタイ人ローカルや欧米人もおり、合計で30名程のお客さんがいました。


なにやらこの穴が開いた形が珍しいのだ、と船を泊めて写真撮影時間をもらえます。




③Ko Talu(タル島)


最後の島はタル島です。
タル島は綺麗なビーチで有名。

このような人口の橋を渡って入島します。


こちらでも多くの魚を鑑賞することができます。





参考

タイのホテル・航空券はお得にGET

下にタイ・ラヨーンを観光する際に使える航空券比較サイトとホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しておきます。数ある航空会社、ホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方はぜひ。

▶︎航空券比較サイト→SkyScanner
▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined



バンコクの空港からは空港送迎サービスの事前予約が可能です。空港から市内までは30〜40km近くありますので、不安な方は事前の手配をおすすめします。

下記では24時間日本語対応で送迎してくれるサービスを紹介します。

👉👉スワンナプーム空港からの送迎サービスの予約はこちら

👉👉ドンムアン空港からの送迎サービスの予約はこちら


タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。





SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。

👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)


水中で写真を撮るならGoproがオススメ

水中アクティビティーでの思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのは嬉しいですよね。




まとめ

ラヨーンの夕日

いかがだったでしょうか。


ラヨーンはバンコクから少し距離がありますが、長距離バスが出ていますので比較的アクセスがしやすいです。

日頃の喧騒を離れ、タイの綺麗な島々でゆったりとした時間を過ごすことができます。タイに訪れた際は是非、観光の1スポットに訪れてみてはいかがしょうか。


▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方に是非お役に立てれば幸いです。

☑️ラヨーンを観光するなら
  PHUPA RESORTがオススメ。
☑️マンナイ島でウミガメ鑑賞
  マンクラン島でシュノーケリング
  タル島でビーチバレーなどが楽しめます。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-