【完全版】タイの国技「ムエタイ」をバンコクで無料で観戦しよう



バンコクでムエタイを無料で観戦しよう

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☑️この記事がオススメな人
 ・ムエタイを観たい人
 ・タイの文化を学びたい人
 ・タイ旅行を検討している人

☑️この記事の信憑性
 ・タイ在住日本人によるブログ

☑️この記事を読んだら分かること
 ・ムエタイを無料で観戦する方法

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。

今回はムエタイというタイの国技についてのご紹介と実際に無料で観戦する方法をご紹介します。

ムエタイとは

ムエタイってなんだろう・・

ムエタイ(タイ語: มวยไทย、英語: Muay Thai, Thai boxing)は、格闘技の一種で、発祥地・タイでは国技に指定されている。ムエタイの選手はナックモエという。両手、両肘、両脚、両膝の八箇所を用いて相手と戦う。

引用:Wikipedia


ムエタイとは、格闘技の一種ですね。キックボクシングに似ています。キックボクシングとの違いは多々ありますが、大きな違いは、「①キックボクシングの発祥地は日本だが、ムエタイの発祥地はタイであること、②キックボクシングの採点基準は技のダメージの大きさだが、ムエタイの採点基準は技の美しさであること、」ですね。


無料で観戦できる場所

ムエタイはChannel 7 Boxing Stadiumという、タイのテレビの放送局が運営しているボクシング中継用のスタジアム無料で観戦することができます。

Channel 7 Boxing Stadium

998/1 Phahon Yothin road Soi 18/1 Jomphol Jaktujak Bangkok, Thailand


外観はこんな感じです。

「7」って大きく書いてあるのが目印だよ〜!

Channel7の外観




アクセス

BTSモーチット駅から徒歩10分程、バイクタクシーで2分程の距離にあります。モーチット駅でBTSを下車したら、4番出口を出ます。

4番出口


オレンジ色の制服を着たバイクタクシーがたくさん止まっているので彼らに声をかけると連れて行ってもらうことができます。料金は15〜20THBです。BTSモーチット駅からでも900m程度なので、歩いて行くこともできますね。

バイタクのおじちゃん
バイクタクシーのおじちゃん達
バイタクの料金表
BTSモーチット駅からChannel 7まで、15THBでした

参考:Channel7のホームページ



無料で観戦できる日

毎週日曜日の14:30よりテレビ中継が行なわれる為、その時間内に無料観戦できます。時間はその日の試合の長さによって異なりますが、全試合含めるとだいたい17:00頃まで実施されます。

ムエタイは普通に見ようとすると、通常3000円〜7000円(座席による)の入場料が取られることが多いので、無料で観れるってのはお得だね〜




注意事項

服装

服装に規定がある為、注意してください。

僕は規定があることを知らなくて、出戻りしたので、皆さんも気をつけてください・・


①襟付きの服を着用すること
②長ズボンを着用すること
③ノースリーブNG
④サンダルMG


入場規定


ちなみにChannel 7 の直ぐ出たところに規定を満たす服が売られています。もしなかった場合はこちらで買うのもいいですね。だいたい100−200THB前後で購入できます。




時間


13:00頃より入場が開始します。連日人気の試合ですので、できれば13:00前にはChannel7に着いていることが望ましいです。13:00前に着くと外のベンチに多くの観客が待機していますので、そこで待機しましょう。ベンチの場所は入って左側にありますが、分からなくてもセキュリティが案内をしてくれます。

待機ベンチ
12:45(試合開始2時間前)くらいで既に多くの人が待機しています



持ち物

検問や荷物チェックが何度も実施されます。怪しまれるモノは持っていかないようにしましょう。飲食物の持ち込みは不可です。

会場は熱気ですごいから、タオルがあるといいかも…!



トイレ

会場内は人でごった返し、一度入場すると簡単には出られません(出られたとしても再入場が難しくなると思います…)。必ずトイレは済ませておきましょう。



当日の会場の様子

会場の様子
スタジアムはこんな感じです


座席

日本人の私たちは外国人専用の席に案内されます。テレビ中継に外国人が映るように考慮されているので、外国人の私たちは真ん中の席に座ることができます。

テレビの中継の様子を目の前のスクリーンで見ることができるよ!あなたもタイのテレビに映るかも・・!?

ただし、真ん中の席のうちどこに座るかは選ぶことができず、入場した順に後ろから詰めて座るよう指示がありますので、指示に従って座りましょう。

ちなみに穴が空いているタイプの鉄のベンチなので、長時間座ってると腰が痛くなる、、



試合数

試合の様子1

試合数は10試合前後(1試合あたり最大5ラウンド制)あります。どの試合も初めの2ラウンドは様子見の要素があり、3ラウンド目あたりから熱狂的な試合が始まっていきます。

また、試合は若い選手から始まり(最初の2試合はジュニア)、徐々にベテラン選手の試合へと移行していきます。それに連れて会場内もヒートアップ。だいたいメインの試合は4〜6試合目にセッティングされているようです。タイ人の観客席では、賭けを楽しむ姿も見られるので、面白いですよ。(公式には禁止されている)

この日のメインは流血するほど白熱してました、、!


試合の様子2
白熱するメインの試合


メインが終わった6試合目あたりから、徐々に帰り始める人が出てきますので、席に空きもでき、ゆったりと観戦できるようになります。時間で言うと16時前後でしょうか。このあたりからは、移動できるくらいには人が少なくなっていくので、飽きたら帰ることもできます。


試合後

試合後は、選手と写真撮影をすることができます。会場を出たところで選手が待機していますので「タイループドゥアイダイマイ?(一緒に写真を撮ってもらうことはできますか?)」と聞いてみましょう。覚えられなければ「Picture」だけでも十分通じます。


おすすめ

チャトチャックマーケット

BTSモーチット駅の近くにはチャトチャックマーケットと呼ばれる有名なマーケットが開催されています。週末のみの開催ですが、ムエタイも一曜日のみの観戦ですので、日曜日にムエタイとチャトチャックマーケットを一緒に訪れてもいいかもしれませんね。






参考

タイのホテル・航空券はお得にGET

下にタイを観光する際に便利な航空券比較サイトとホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しておきます。

数ある航空会社、ホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方はぜひ。

▶︎航空券比較サイト→SkyScanner
▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined





バンコクの空港からは空港送迎サービスの事前予約が可能です。空港から市内までは30〜40km近くありますので、不安な方は事前の手配をおすすめします。

下記では24時間日本語対応で送迎してくれるサービスを紹介します。

👉👉スワンナプーム空港からの送迎サービスの予約はこちら

👉👉ドンムアン空港からの送迎サービスの予約はこちら


タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。


タイバーツの両替

タイバーツの両替はスーパーリッチが高レートでおすすめです。バンコク市内に数多くの支店を持ち、スワンナプーム空港にもあります。




SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。

👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)


旅の思い出を残すならGoproがオススメ


旅行先での思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、しかも小型で広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。

スマホでは絶対に撮影できないような画角での写真撮影も可能です。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのも嬉しいですよね。




まとめ

☑️バンコクでは無料でムエタイ観戦が可能。
☑️襟付き・長ズボン・露出を控えること。
☑️Channel7はモーチット駅から徒歩10分。


▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方は是非覗いて行ってみて下さい〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020


るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-