【完全版】タイの物価が安いって本当?【バンコクのコンビニ商品をレビューするよ】



【完全版】タイの物価が安いって本当?【バンコクのコンビニ商品をレビューするよ】

目次

 

☑️この記事がオススメな人
 ・タイに旅行予定の方
 ・タイのリアルな物価事情を知りたい方

☑️この記事の信憑性
 ・バンコク在住のタイ駐在員が
  タイの物価事情を徹底解説

☑️この記事を読んだら分かること
 ・タイ、バンコクのコンビニ商品
  の物価がいくらくらいなのか
 ・セブンイレブンのおすすめ商品

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

どうもこんにちは。タイ駐在員のたくぼく(@takuboku1018)です。

 

先日にこんなツイートをしました。



 


今回はタイのコンビニの商品を取り上げて、バンコクの物価について検証していきます。


✅調査対象:バンコク都内のセブンイレブン
✅レート:1THB≒3.5円(2020年2月時点)


記事下には、「タイのセブンイレブンで買うべきもの5選」も紹介しているよ!




ドリンク編


まずは、ドリンク編。


(1)コカ・コーラ325mL(15THB)


コーラは全世界共通の味つけなので安心です。


(2)ペプシ1L(25THB)


ペプシ1.45Lだと、32THBですね。


(3)Changビール320mL(39THB)


2本買うと、75THBとなっていました。

写真にはないですが、LEOビールも同じ値段です。

また、SINGHAビールは320mLで40THBでした。


(4)Changビール490mL(51THB)


LEOビールは同じ490mLで、52THBでした。

2本買うとセットで99THBとなっています。


(5)スミノフ275mL(57THB)


スパークリングタイプだと、64THBです。


(6)水550mL(7THB)


セブンイレブンのプライベートブランドは、600mLで6THBとなっています。

さらにこの時は2本買うと、10THBのセール中でした。


(7)お〜いお茶500mL(30THB)


日本のお茶も結構売っています。

高いかと思いきや、日本より安いです。


(8)ビタミンC140mL(16THB)


ビタミンCにはガンや動脈硬化の予防、老化防止などの効能があります。


(9)フルーツヤクルト160cc(10THB)


タイはヤクルトが安いです。


食べ物編


食べ物編に入ります。


(10)おにぎり100g(27THB)


美味しいかは不明です。

(11)肉まん140g(28THB)


「ウェイブダイマイ?(温めてもらえますか?)」と聞くと、レンジでチンしてくれます。

聞かなくても多分チンしてくれます。


(12)ご飯150g(15THB)


結構お世話になってます。


(13)お弁当類(45THB)


お弁当によって様々ですが、40−60THBが多いです。

タイ人向けの味付けの為、あまり美味しくはありません。

フォークやスプーンはレジでもらえます。


(14)ハンバーガー116g(29THB)


ハンバーガーは人気なんでしょうか、種類がたくさんあります。

こちらもレンジで温めてもらえます。


(15)ランチパック100g(20THB)


ランチパックではないですが、ランチパックみたいなパン。

こちらは2つパンが入っているタイプですが、1つのもあり、そちらは12THBです。

別に温めてもらわなくて大丈夫です。


(16)菓子パン95g(22THB)


種類が多く、ピンキリです。

それなりに食べれます。


(17)カップヌードル(18THB)


日清のカップヌードルがタイ人向けにアレンジした商品をいくつか出しています。

ただ、結局シーフードヌードルが一番です。

日本のようにお湯のサービスはありません。


(18)ブルガリアヨーグルト110g(20THB)


ヨーグルトには便秘や下痢の改善、風邪やストレスの減少、肌荒れ防止、アレルギーの緩和などの効能があるので、とりあえず食べておきましょう。


お菓子編


続いて、お菓子編です。


(19)カラムーチョ48g(24THB)


結構日本のお菓子は人気のようです。

中でも、タイ人は抹茶のお菓子が大好きです。

私の独断と偏見の調査によると、「柿の種」と「ベビースターラーメン」も人気です。


(20)Laysポテチ(30THB)


安定の美味しさです。


(21)ポッキー22g(10THB)


47gだと、20THBです。

日本にはない味付けの、マンゴー味やチョコバナナ味なんかもあり、バラマキ土産に人気です。


(22)オレオ28.5g(5THB)


安いです。小腹が空いた時に重宝します。


(23)ハリボー30g(10THB)


ハリボーってなんであんなに美味しいんでしょう。


(24)メントス45g(15THB)


グレープ、青リンゴ、ストロベリーと、おなじみのラインナップです。


(25)MILO150g(41THB)


タイ人にも人気の「ミロ」。

タイ人の間では「マイロ」と呼ばれています。


(26)アイス(15−79THB)


写真のはないですが、「ガリガリくん」も売ってたりします。


(27)バナナ(9THB)


お菓子編で紹介していますが、「バナナはお菓子なんですか?」なんて聞かないでください。

さすが南国、バナナはたくさん売られていました。


その他編


その他編です。


(28)歯磨き粉75g(22THB)


ブランドや量によって異なります。

(29)LUXシャンプー190mL(55THB)


Doveのシャンプーとコンディショナーはそれぞれ140mLで39THBでした。




最後に:タイのセブンで買うべきもの5選


最後に、「タイのセブンイレブンで買うべきもの5選」を紹介します。

タイのコンビニでは、日本と違ってなかな美味しいものに出会えませんが、ここであげる5つの商品は美味しかったです。

タイ在住の私がリピートしている商品ですので、ぜひ機会があれば手にとってみてください。


①タマリンドジャムのサクサクバナナ40g(20THB)


これは格別です。

タマリンドという東南アジアの果物を、バナナチップスで挟んだお菓子です。

特に女性に人気で、バラマキ土産にも持ってこいの一品。


②ハムとチーズのサンドイッチ80g(25THB)


これは購入すると、レジで焼き直してくれるのですが、それがたまらなく美味しい。

旅行者でも、朝御飯なんかに良いかもしれません。

他にも種類はたくさんありますが、最もスタンダードなのが、ハムとチーズです。


③ネギ塩豚カルビ弁当300g(59THB)


タイのコンビニ弁当は、前述した通りあまり美味しくないのですが、ネギ塩豚カルビ弁当は美味しかったです。

まず、日本語で書いてありますからね!

日本人ウケする味付けです。


④親子丼350g(59THB)


コンビニ弁当からもう一品。

こちらの親子丼も美味しいです。

どこにも出かけたくないけど、家に何もない時にぜひ。


⑤キャンディ40g(12THB)


安っぽい味ですが、美味しいです。

癖になります。

駄菓子が好きな人であれば、買ってみてください。





参考

タイのホテル・航空券はお得にGET

下にタイを観光する際に便利な航空券比較サイトとホテル宿泊費用比較サイトをご紹介しておきます。

数ある航空会社、ホテル予約サイトから最安で予約できるサイトを見つけてくれるので、お得に旅を楽しみたい方はぜひ。

▶︎航空券比較サイト→SkyScanner
▶︎ホテル比較サイト→ HotelsCombined




バンコクの空港からは空港送迎サービスの事前予約が可能です。空港から市内までは30〜40km近くありますので、不安な方は事前の手配をおすすめします。

下記では24時間日本語対応で送迎してくれるサービスを紹介します。

👉👉スワンナプーム空港からの送迎サービスの予約はこちら

👉👉ドンムアン空港からの送迎サービスの予約はこちら




タイ旅行に必要な持ち物

「タイ旅行に必要な持ち物ってなんだろう?」

海外旅行初心者の方に向けて、旅行を準備する際に必要な荷物をまとめていますので、こちらもあわせてどうぞ。


タイバーツの両替

タイバーツの両替はスーパーリッチが高レートでおすすめです。バンコク市内に数多くの支店を持ち、スワンナプーム空港にもあります。



SIMカード

ちなみにタイでSIMカードを購入するならVoyaginがおすすめです。下記のリンクより42%オフで事前予約が可能です。

●空港で受取可能
●オンラインでSIMの補充・延長もラクラク
●セットアップは店員さんに全てお任せ
●完全日本語対応
●提携ショップ・レストランの割引や特典あり
●100THB分の無料通話込み!
 同キャリア同士なら通話時間無制限。
 国際電話も割安に。



👉👉600円で8日間使い放題はこちらから(42%オフ)




旅の思い出を残すならGoproがオススメ


旅行先での思い出を写真に残したい人にはGoproがオススメです。防水で音声対応あり、しかも小型で広角の魚眼レンズなので手に持っているだけで多くの映像を写真に取り込むことができます。

スマホでは絶対に撮影できないような画角での写真撮影も可能です。防水なのでカメラを気にせず写真をたくさん撮れるのも嬉しいですよね。





まとめ


タイのコンビニにはトイレがない為注意してください。


また、タイのコンビニでは、日本と違って、本が売られていません。

日本のコンビニで、本が外から見える場所に並べられている理由は、「中にお客さんがいることを外にいる人に認識させて安心させる為だ」と聞いたことがありますが、タイでは関係ないようですね。


☑️タイのコンビニの物価はやはり安かった。
☑️コンビニにトイレはない。



▶︎本ブログではタイ駐在者によるリアルなタイ観光情報を発信しています。観光に来られる方、お住いの方は是非覗いて行ってみて下さい〜。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020


るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:たくぼく 1995年生まれ。バンコク在住。TOPIX Core30に勤務。インドネシア、タイに在住経験。海外渡航17カ国。ヒッチハイク6,455km(91台)。TOEIC900を取得した英語の勉強法と国内外の旅情報を発信します。 【趣味】旅行/カメラ/邦ロック 【特技】MAHOUT(ラオス象使い)/タイ古式マッサージ 【座右の銘】雲は天才である -石川啄木-